2019年08月19日

九重登山~秋月中学校夏講座~

夏休みの紙漉き体験が多くなりました。お盆も予約で忙しくなりそうです。
夏休み、なかなか子供と一緒に何かという事が出来ないのですが、秋月中学校の夏講座に九重山のバスハイクが保護者参加枠があり参加させていただきました。
結婚して登山などしたことが記憶になく、久々の登山でした。
場所は久住山~中岳です。
地元の古処山に比べて高低差はなく、どちらかというと古処山の方がキツイという子が多かったです。
保護者チームは最初から最後尾で出発、次第に子供部隊と間が空き始めます。
頂上に近くなるにつれ強い風と雲が発生し更に霧雨になります。保護者チームのメンバーから
IMG_7253.JPG

「これ以上、進めません!!」
なかなか頂上までの道のりはきつい!!ひき返し組が無念の思いで下山。
子供たちはさっさと進んで1790mの中岳まで登る。
保護者チームは途中でさらにアタック断念組と別れて、中岳ではなく久住山で意地を見せた。
久住山1786m。
IMG_7252.JPG

晴れていれば最高の景色でしたがまさにホワイトアウト・五里霧中状態。
下山も子供達に追いつかれ、ほとほと体力と足腰の衰えを痛感する。
山を上りながら「あー。ここでやめよう!」と何度も思い来た道を振り返ります。
しかしながらきついながらも一歩一歩歩けば確実に登っていく結果が出るのです。
ついつい状況を仕事とダブらせてしまい「よし!」と奮起しました。
一人も落伍者がなく、校長先生をはじめ気合の山岳ガイド(元校長先生)?!が生徒をぐいぐいと引き連れ先生方がフォローして無事に下山しました。
IMG_7236.JPG

IMG_7267.JPG

IMG_7265.JPG

IMG_7264.JPG


こういう行事や校風は他ではなかなか無いとの事、秋中の凄さを見ました。
子供達には追いつけませんでしたが、何か久しぶりに意味のある登山でした。
明日は足がどうかなっているような気がします。
posted by 4代目 at 08:39| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

九重登山~秋月中学校夏講座~

夏休みの紙漉き体験が多くなりました。お盆も予約で忙しくなりそうです。
夏休み、なかなか子供と一緒に何かという事が出来ないのですが、秋月中学校の夏講座に九重山のバスハイクが保護者参加枠があり参加させていただきました。
結婚して登山などしたことが記憶になく、久々の登山でした。
場所は久住山~中岳です。
地元の古処山に比べて高低差はなく、どちらかというと古処山の方がキツイという子が多かったです。
保護者チームは最初から最後尾で出発、次第に子供部隊と間が空き始めます。
頂上に近くなるにつれ強い風と雲が発生し更に霧雨になります。保護者チームのメンバーから
IMG_7253.JPG

「これ以上、進めません!!」
なかなか頂上までの道のりはきつい!!ひき返し組が無念の思いで下山。
子供たちはさっさと進んで1790mの中岳まで登る。
保護者チームは途中でさらにアタック断念組と別れて、中岳ではなく久住山で意地を見せた。
久住山1786m。
IMG_7252.JPG

晴れていれば最高の景色でしたがまさにホワイトアウト・五里霧中状態。
下山も子供達に追いつかれ、ほとほと体力と足腰の衰えを痛感する。
山を上りながら「あー。ここでやめよう!」と何度も思い来た道を振り返ります。
しかしながらきついながらも一歩一歩歩けば確実に登っていく結果が出るのです。
ついつい状況を仕事とダブらせてしまい「よし!」と奮起しました。
一人も落伍者がなく、校長先生をはじめ気合の山岳ガイド(元校長先生)?!が生徒をぐいぐいと引き連れ先生方がフォローして無事に下山しました。
IMG_7236.JPG

IMG_7267.JPG

IMG_7265.JPG

IMG_7264.JPG


こういう行事や校風は他ではなかなか無いとの事、秋中の凄さを見ました。
子供達には追いつけませんでしたが、何か久しぶりに意味のある登山でした。
明日は足がどうかなっているような気がします。
posted by 4代目 at 20:50| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

復興はまだまだ

先日14日に朝倉市黒川へ用事で行った。
秋月からは寺内ダムの湖畔上流から黒川へ上る。
今年の梅雨は降っているように感じるが
ダムの貯水率は低くこのまま雨が降らなければ
都会部は水不足になるかもしれない。
IMG_6301.JPG
14日の寺内ダムの上流部
IMG_6300.JPG
湖底が見える程水が少ない。

雨は降ってほしいが、去年・一昨年のような災害級の雨は降ってほしくない。

ダム湖畔を走るとやがて真っすぐは佐田方面へ、右に曲がると黒川方面になる。
右に曲がって走っていくと、崩れた山肌・迂回した工事中の道などが黒川まで続く。
まだまだ大丈夫といえない状態である。
一体どのような雨が降るとこのようになるのだろうか?と想像をするのも恐ろしいくらいだ。
共星の里の近くの作業場の下との話を聞く
「この上流の家は全部流されました。」 あの日どのような状況だったのだろうか?

そういう状況の中でも、町を盛り上げようとしている人達が頑張っている。
今年の梅雨明けまで、大きな災害級の雨が降らないよう祈る。


posted by 4代目 at 19:57| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。