2019年02月14日

和紙の強さ”くいさき細工”寅ヲさんの作品展

太宰府のギャラリー吾亦紅という処にお邪魔しました。
秋月和紙を使ってきり絵をされている作家さん”寅ヲ”さんが
個展をされていました。
なかなか行けなくて最終日でしたが お邪魔させていただきました。

太宰府の参道からチョッと入った路地に民家を改装されたいい空間がありました。

IMG_9902.JPG

IMG_9899.JPG

私たちが思うのは、自分の漉いた和紙がどのように活かされるのか?とても興味があります。
早速展示されている作品を見るとー。

繊細な作品が窓辺の光を受けて展示されていました。

IMG_9861.JPG

IMG_9863.JPG

和紙の切り紙同士をつなぎ目が分からないようにつなぎ合わせる技法など和紙にしかできない技法だという事でした。
まさに繊細な切込みは細かさというより根気とパワーが必要だと思いました。

IMG_9869.JPG

中でも興味を引いたのは家紋の切り抜きでした。しかも二つの家紋を繋ぎ合わせている作品。
両家を繋ぐという事で、結婚式などに依頼が多いようで、すごく良い作品でした。

IMG_9867.JPG

IMG_9858.JPG

さらにすごい作品が奥の土蔵に対策がありました。
細い路地を行くと、修復された土蔵がありその中に

IMG_9892.JPG

IMG_9874.JPG

IMG_9873.JPG

IMG_9875.JPG

アクリルの中から飛び出して空間に飾られている作品でした。
スゴイ!!
IMG_9877.JPG

IMG_9881.JPG

IMG_9887.JPG

IMG_9886.JPG

どうやって飾ったのでしょうね。

和紙は柔らかく優しいイメージですが、ある面では強く、ある面では激しい面を見せてくれます。
この作品展は、和紙を漉く時に繊維を絡ませる特性を活かした作品だと思います。
これは和紙でしかできない表現です。次の作品展が楽しみです。




posted by 4代目 at 10:06| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

一閑張り

竹の笊などに和紙を空気が入らないように貼り付け
カシューや柿渋などを塗り、バックやお皿などに仕上げます。
いつもお世話になっている方が、素敵なお皿を作って来てくれました。

IMG_9548.JPG

posted by 4代目 at 11:43| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

封筒もう一つ

これも”波”
IMG_9547.JPG

posted by 4代目 at 09:05| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする