2015年07月23日

街路灯検討委員会

秋月の夜ー。
肝試しのような実地踏査。

街路灯を刷新しようと町で懸案が持ち上がり
現状と配置のバランスを机上でなく実際に見て回りました。
DSC_0397.jpg
やはり、見て歩くのはいいことです。
新しく照明が必要な所や、違う事ですが普段空き家なはずの所に「ひっ人がいるっ!!」
夜、歩いてみないと分からない。
DSC_0398.jpg

DSC_0400.jpg

秋月の照明を考えています。
posted by 4代目 at 22:47| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

秋月藩黒田家十四代

和紙も葛も川茸も、江戸時代秋月藩黒田家が秋月を豊かにするために奨励した物産です。
そのほかにも、朝倉には江戸時代から続くもの、昔からこの形など沢山あります。
十四代黒田 001.png
出版されたのはかなり前でしたが、今読みました。
黒田十四代の歩まれた大正~昭和~平成がこの本には書かれています。
途中涙が出てきた箇所がありました。
少石でしたが井上家の先祖が藩に仕えていたこともあり
秋月を離れていても、旧藩主がこのように思われていて、こういうお覚悟でおられたのかを思うと、胸に熱いものがこみ上げてきました。
いまは平成の世の中で、藩主・藩士の結びつきなど笑われるかもしれませんが
今の自分を顧みるとこの歳でこんなでいいのか?今の秋月でいいのだろうか?
そう思う気持ちがさらに強くなりました。

今では和紙漉きという仕事は、我が家の稼業ですが、間違いなく江戸時代秋月藩黒田家が奨励し見出した物産です、家業という物の他にしっかり後世に伝えなければならない義務感が湧き上がります。

秋月にはほかにも沢山そういう物があります。

少子高齢化・限界集落 そういわれる中で”秋月のこころ”しっかり守って行ける人になりたいです。
DSC_1021.jpg
隣の田尻氏のこの本と一緒に、僕のバイブルになります。
そう思いました。
posted by 4代目 at 19:48| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海山交流

今年も”海山交流”の時期になりました。
秋月小学校(ヤマヒコ)が福岡市の海に近い場所にある北崎小学校(ウミヒコ)と1日交流事業をします。

北崎小学校(ウミヒコ)は山に囲まれた秋月に来て、古い町並みや川の音,手漉き和紙の体験、勾玉製作と伝統に触れる体験をしました。
一方、秋月小学校(ヤマヒコ)は朝早く海の近くの北崎小学校に行、魚釣りやシュノーケリングをして楽しんだようです。
DSCF3734.JPG
うちの工房では北崎小学校の生徒さんが、初めての秋月を体験体感していきました。
DSCF3909.JPG

秋月小学校の6年生が4年生の時に学んだ和紙のことを店内で北崎小学校の子供たちに説明をしていました。
北崎小学校の先生が「秋月の自然と歴史を学ばせていただき、子供たちにとてもよい経験が出来ました。」と、喜ばれました。
DSCF3906.JPG

今年もウミヒコ・ヤマヒコたちの冒険はとても楽しかったようです、お互い違った環境に行きそれぞれの良いところを見せたり経験したり、いい刺激だと思います。
うちの娘は、魚が大漁に釣れたらしく・・・帰ってからずっと「また魚釣りに行きたい!!」の連発でした。
posted by 4代目 at 08:43| 福岡 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする