2015年07月10日

景観審議会

秋月は伝統建造物保存地区になっています。
年間の修景事業の確認や案を審議します。
秋月にふさわしくない物などをチェックします。
今日は本年度の第1回目、昨年度や本年度の事業を確認しました。
町中に特に重要と思われる、家などを指定物件にする家の中に
特に珍しいものがあり、大学の先生などと確認しあいました。
今後もっと深く調査をしてゆくようで、専門委員会に調査依頼と言う事になりました。

このように秋月のことで、昼間から大学の先生や市の景観の担当者が
住民代表者を交えて、「秋月に景観とは?」と真剣に討議をしています。
「住民のいないところで!」と言われるかもしれませんが
本来なら、秋月の行く末または景観などは、地元の人たちが中心で
それこそ真剣に討議しなければならないのです。

おかげで、専門的なことを少しづつ、教えてもらって
楽しいです。秋月のことを知ることは、とても喜びです。
DSCF3474.JPG

帰りに、隣の甘木歴史資料館で開催中の展示会に行ってきました。
そこで審議員の先生と一緒になり秋月の歴史の話や
良いものを残そうとお互いに確認しあいました。
そんな時間すぎたちます。
甘歴 001.jpg
posted by 4代目 at 23:00| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

コーヒー入り和紙

以前も漉いたことがあります
コーヒー入り和紙。DSCF3402.JPG

DSCF3414.JPG
点てたコーヒーを漉き舟に入れ漉きあげます。
DSCF3430.JPG
以前は粗挽きだったのか、粒が大きくゴロゴロしていました。
今回は細かい粒で漉きあげます、仕上がりが楽しみです。
DSCF3425.JPG
コーヒーは秋月で新しくオープンした
”秋月カフェ モデナマーケット”さんのコーヒーです。
https://www.facebook.com/modena.market?fref=ts

posted by 4代目 at 09:33| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

川茸入り和紙

秋月藩黒田家の三大物産の一つ
川で採れる海苔”川茸”
学名でスイゼンジノリと言います。
DSCF3390.JPG
江戸時代、朝倉秋月は黒田長政の三男長興(ながおき)を藩祖として栄えました。
8代藩主の黒田長舒(ながのぶ)ころ秋月の底上げを考えた政策を打ち出しました
医療・学問・産業それぞれの活性化を図り、秋月を豊かな土地にしようと考えたのです。
産業の面では、寒根葛の”葛”を精製して葛粉の産業、美しい清流で採れる珍しい”川茸”
DSCF3381.JPGして和紙の元結それらを藩の基幹産業として奨励しました。

今回は和紙に川茸の遠藤さんから、いろんな形の乾燥した川茸で試作を作りました。
DSCF3382.JPG
以前には漉いたことがある川茸入り和紙、今回はどのように仕上がるのか楽しみです。
DSCF3383.JPG
posted by 4代目 at 09:22| 福岡 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする