2015年10月22日

福岡 木の葉モール

一つ催事が終わりました。
福岡の西区橋本の木の葉モールで1週間の催事でした。
今年はここには3回目でした。
DSCF6584.JPG

DSCF6583.JPG
毎回、新たなお客様との出会いがありました。
土日の体験コーナーには、たくさんのお客様が来られ
葉書づくりを楽しんでいかれました。
画像はうちの娘です、修行中?!隣は木工作家の調さんです。
DSCF6592.JPG

DSCF6586.JPG
武者も登場で、秋月を盛り上げました。
DSCF6585.JPG
おなじみの作家さんとも一緒で和気あいあいな
催事でした。
posted by 4代目 at 08:42| 福岡 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月11日

手作りの事”秋香祭”と”小石原高取焼”

手作りの作品の良さは”時間と込めた思い”
昨日は秋月中学校の文化祭”秋香祭”に行きました。
27秋香祭 001.jpg
夏休みに3日間秋月和紙を勉強しに来た
秋月中学校の生徒さんが、文化祭に作品を展示販売していました。
どれもアイディアと工夫をなされた作品で生徒さんの思いがあふれる作品感動しました。
今年は、写真のフレームに和紙の花をデコレーションしてあって
次はアクセサリーになるのでは?!と担当の先生と話しました。
DSCF6388.JPG
3日のうち最後の日に、自由に染めの時間をした時の和紙で、ノート付きブックカバーをこしらえてありました。子供たちの色遣いは面白い、いい感じの仕上がりです。
DSCF6390.JPG
折型ティシュケースも和紙の柔らかさを活かした作品でした。
DSCF6391.JPG
次の予定があり、文化祭を最後まで見れなかったのが残念でした。

バタバタ移動で”小石原民陶むら祭り”に秋月鎧揃えのPRにいきました。
道の駅でPRをさせて頂き伝統産業館まで練り歩き。
DSCF6394.JPG
最期に高取焼宗家にお邪魔しました。
高取焼は、秀吉が朝鮮出兵の時、黒田官兵衛・長政親子が陶工八山を日本に連れて帰り
直方永満寺で窯を開いたところから始まります。
茅葺の古民家の展示室でその前でPRを兼ねて写真を撮りました。
DSCF6408.JPG
高取焼の奥様から、登り窯や唐臼などをを見せて頂きました。
一つの作品が、土づくりから始まりそして釉薬づくりも一子相伝
時間とぶれない作品作りが、僕らの仕事と共通するところと思いました。
お互い黒田家から見いだされた作品であり、今後葛・川茸・和紙と共に今まで残っていることは
大切なことだと思います。
posted by 4代目 at 10:31| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月05日

織田廣喜美術館

日曜は織田廣喜美術館に行ってきました。
先日のブログで旧千手小学校の中で行われている
オランダ人のビンセントさんをはじめ9人の作家さんの
報告展示が、嘉麻市の織田廣喜美術館で10月18日まで
開催されています。
レジデンシー嘉麻 001.jpg

久しぶりの美術館でした。
DSCF6258.JPG
美術館に入る子供たちはすぐに”森の木琴”とあそびはじめました。
DSCF6259.JPG
動画はこれです
https://www.youtube.com/watch?v=C_CDLBTJD4M

美術館は面白いです。
DSCF6261.JPG

DSCF6260.JPG
こんな仕掛けがありました。
DSCF6263.JPG

DSCF6262.JPG
ビンセントさんの飼い犬”甲斐犬のカゲトラ”です。
展示は写せません。ちょっと子供達には難解でしたか?
DSCF6264.JPG
休憩室は裏古処が見える良いところです。
DSCF6266.JPG
次回のワークショップでは和紙を使った染めの体験をされます
秋月和紙もちょっとお手伝いができそうです。
糸山イベント 001.jpg



posted by 4代目 at 08:42| 福岡 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする