2019年07月16日

復興はまだまだ

先日14日に朝倉市黒川へ用事で行った。
秋月からは寺内ダムの湖畔上流から黒川へ上る。
今年の梅雨は降っているように感じるが
ダムの貯水率は低くこのまま雨が降らなければ
都会部は水不足になるかもしれない。
IMG_6301.JPG
14日の寺内ダムの上流部
IMG_6300.JPG
湖底が見える程水が少ない。

雨は降ってほしいが、去年・一昨年のような災害級の雨は降ってほしくない。

ダム湖畔を走るとやがて真っすぐは佐田方面へ、右に曲がると黒川方面になる。
右に曲がって走っていくと、崩れた山肌・迂回した工事中の道などが黒川まで続く。
まだまだ大丈夫といえない状態である。
一体どのような雨が降るとこのようになるのだろうか?と想像をするのも恐ろしいくらいだ。
共星の里の近くの作業場の下との話を聞く
「この上流の家は全部流されました。」 あの日どのような状況だったのだろうか?

そういう状況の中でも、町を盛り上げようとしている人達が頑張っている。
今年の梅雨明けまで、大きな災害級の雨が降らないよう祈る。


posted by 4代目 at 19:57| 福岡 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする